査定方法

ホーム » 査定方法

こんな事で査定額が大きく変わります

まず希少価値が高いほど高価買取となります。

●年代が古くほとんど残っていないもの
●限定本など発行部数自体少ないもの
●本自体は珍しくなくてもサイン本
 など

他人が持っていないものを所有することが、マニア・コレクターのステータスとなります。

ここではちょっとマニアックな高価査定になる本の紹介を致します。

【例1】
画像のF・W・クロフツ著「二重の悲劇」。
一見同じ本ですが、違いはカバーの背表紙の色が左側は「ねずみ色」で右側は「白色」。
左側の本は、ある一時期だけに作られた発行部数の少ない希少本となります。
マニア心をくすぐるんです。

【例2】
次にF・W・クロフツの「フレンチ油田を掘りあてる」。
初版は1960年に発行。
画像の本は1961年に発行された3版。
初版の定価は110円でしたが、150円に定価を変更。
奧付頁の定価の上に「150円」の定価シールを貼りつけされた希少本となります。
これまた、なかなかお目にかかれないレア本です。

【例3】
小学館のてんとう虫コミックスで今も発売されている「ドラえもん」の第1巻ですが、通常の査定は10円とかになります。
しかし、これが「初版」となると売値が数万円となりますので、査定額はいっきに跳ね上がります。

【例4】
角川書店の横溝正史文庫シリーズは通常カバーの色は黒地ですが、「八つ墓村」「悪魔の手毬唄」「獄門島」「悪魔が来りて笛を吹く」の4冊は、初版を含め初期に発売されたものは、カバーが白地になっています。
黒地
なら10円程度の査定額が、白地ならいっきにアップします。

 【例5】
故・手塚治虫先生のブラック・ジャックですが、チャンピオンコミックスの第4巻に収録されていた「植物人間」は、差別的問題で途中から削除されております。

こちらも「植物人間」が収録されているか否かで査定額がどんと変わってしまいます。

これらは、同じタイトルでも査定額に雲泥の差がつきます。
そして、これは本の知識がないと査定ができません。

 長谷川書房は、長年培ってきた豊富な知識・経験を基に高価買取を致しております。

一見同じ本
カバー背表紙の色違い
フレンチ油田を掘りあてる
定価シール貼り付け
ページトップに戻る